イメージ1

いろいろなお金の借り方があります。

お金借りたいと思ったときのお金の借り方にはいろいろとあります。 一つは銀行からキャッシングをする方法で、教育ローン、自動車ローン、住宅ローンなどがあります。 目的・使途がはっきりしているために金利は比較的低いのですが、頭金が必要とか、購入したことの証明や担保・保証人が必要とか手続きがけっこう煩わしいというところがあります。

これとは別に目的・使途が自由で保証人や担保がいらない自由に使えるキャッシングという借り方があります。 金利は比較的高いのですがお財布代わりに使えるので人気のあるローンです。 此れにも種類がいろいろあって、所得証明とか会社の在籍証明とかが必要で比較的審査が厳しい銀行系のキャッシング、クレジットカードのショッピング枠とは別にキャッシング枠を設けてくれる信販会社系のキャッシング、審査のスピードが速く即日融資が受けられる消費者金融系のキャッシングがあります。 このうち銀行系の金利は信販会社系や消費者金融系より低めです。

一例として銀行系は7.8〜9%くらい、信販会社や消費者金融系が15〜18%くらいです。 借りるのは難しくなく、コンビニや無人機のATMコーナーから借りるのが一般的です。 誰に会うことも頭を下げることもないので貯金をおろす感覚で借りることができるのが特徴で、このお金の借り方ならお金借りたい!と思った時でも誰でも抵抗なくお金を借りることができます。 返済は銀行系や消費者金融系はATMやネットなどで随時返済ができるのに対し、信販会社系は月に一度の引き落とし日に限るなど若干融通の利かない点があります。 それぞれの特徴をよく知って使い分けるのが大切です。


お金借りたいときは銀行か消費者金融か

銀行にしろ消費者金融にしろ、多額の融資、ローンを受けるのは出来るだけ差し控えられておいたほうが良いです。 貸付、融資、ローンを受けるのは、それがやむを得ない場合に限って許される行為だと決めて置くのが無難なのです。 絶対やっていけないのがギャンブルや飲み屋での遊興費が目的でキャッシングをすることです。

これにはギャンブル依存症やアルコール依存症が深く関わっています。 主婦の間で流行っている買物依存症を加えて三大依存症となどと称されています。 さていよいよ何らかのやむを得ない事情でお金の融資を受けることを決心したあなたですが、銀行か消費者金融か迷われているのではないでしょうか?銀行の融資に対する審査は比較的厳しいところが多いのですが、給与振り込みが指定されているところならば、まず融資をしてもらえます。 今までのお付き合いがクレジットになっているのです。 貸付金利が消費者金融よりも安いので、断然、地銀ローンをお勧めします。 返済には毎月定額返済とボーナス一括返済のどちらか、あるいはその両方が選択出来るので、大変便利です。 主婦や学生さん、アルバイトなどでは、お金を借りたいと思っても地銀ではまずお金の融資をしてくれません。 理由は簡単です。 クレジットがないからなんです。 ご主人の給与明細などの提出が必要となります。 ここで注意事項がひとつあります。 ご主人に内緒でつくった借金は夫婦間の亀裂の原因をつくります。 主婦や学生さんが消費者ローンを受ける場合には、必ず借金が返済出来るという保証、担保が必要になるので、ご主人や、保護者の方々の協力が欠かせません。