イメージ1

銀行からお金をキャッシングしたい時の方法とは

まず銀行でキャッシングを行うためには申込みが必要となるのですが、店頭で相談をする事もできますし、その会社によってはWEBから申込みを行う事ができます。 ただ地方銀行などはまだまだWEBからの申込みに対応していない場合が多いので、地元での申込みを考えている場合には店頭に向かい話を聞きましょう。 普段の預貯金などの口座申込みをするような窓口とは違い、お金を借りる時の窓口は違う場所にある事もあります。 場合によっては土日でも相談ができる通常のところから少し離れた場所に、ローン申込みの窓口を構えている会社もあるのです。 申込みを行う前に自分が今借りようと思っている会社では、どのようなサービスを行っていてどのように申込みを行うのか事前に調べておきましょう。 申込みの方法が分かったら、その後は自分の希望の金額を伝えて申込みを行うだけになります。 ここで審査が行われますが審査を通過するとカードローン専用のカードを渡されますので、そこからキャッシングを行う事ができます。 大抵は預貯金のカードとは別に発行される場合が多く、お金の管理も口座毎に違う場合がほとんどです。 基本的にその借りた銀行のATMや窓口で引き出しを行うようになるのですが、店頭が閉まっていてもATMが行っていればその時間帯まで引き出す事が可能となります。 WEBからの申込みの場合には、自分の情報などを入力してその後審査結果が出るとお金を借りる事ができます。 その際に急いでお金が必要な時には、指定した口座にお金を振り込んでもらう事が可能です。